離島ショッピングメニュー

離島こだわり情報局

離島イベント情報

オススメ情報

  • アイランダー2012

    アイランダー2012

    全国の島々が集まる祭典「アイランダー2012 ~聞いてみよう!島のくらし! 話してみよう!島のじまん」が、今年も11月24日(土)・25日(日)、池袋サンシャインシティで開催!!

  • 島フェス2012、やるよー!

    島フェス2012、やるよー!

    瀬戸内の”美しい”が「ぎゅっと」つまった【海のお祭り】だよーーー!

  • 隠岐温泉GOKA

    隠岐温泉GOKA

    隠岐温泉GOKA」には、温熱作用、水圧作用、浮力作用の物理作用のほか、さまざまな生態反応がもたらせる特異的効果、とりまく五箇の自然環境による転地効果などがあり、それらの効果を総合的に受けられます

  • 日本の島 案内

    隠岐の島メモ
    • NEW
    コード: RITO00009

    隠岐の島メモ


    ■庶民料理
    サザエカレー
    アメフラシ
    サザエの炊き込み海苔巻
    ヒオウギ貝、カメの手

    http://www.kankou-shimane.com/mag/10/08/akioki.html

    ■隠岐そば(隠岐地方)
    短めで太い形状であり、つなぎは一切使用しないそば粉100%の麺で、だし汁は焼いたサバやあご(トビウオ)で取ったものを器に入れて薬味として隠岐産岩のりやゆず、ごま、ネギ等(ただし、大根は使用されない)を添えて食する。隠岐で蕎麦は節目節目で食べられており、隠岐民謡「どっさり節」(別名「そば打ち踊り」)の踊りの中に蕎麦打ちの要素が入っている。

    この“隠岐そば”、普通の蕎麦とはちょっと違います。
    普通の蕎麦は、そば粉の他に小麦粉をつなぎとして入れますが、“隠岐そば”はつなぎを一切使用せずにそば粉100%と水だけで打つ「十割蕎麦」です。
    そばつゆも特徴があって、焼いた鯖の身をほぐして出汁をとり、醤油・酒・みりんなどで少し濃いめに味付けして鯖の身ごとだしをかけて食べます。
    出汁を少なめにかけて、かき込むよう豪快に食べるのが隠岐流。100%そば粉の強い香りと、ともすれば生臭くなりがちな鯖出汁が、絶妙にマッチ!
    そこに薬味として添える隠岐産の岩海苔・ゴマの香りと、さわやかな柚子の風味がアクセント☆
    私は所要時間、約3分で食べ終わってしまいます。
    http://jus-wt.net/waon_oki/gotochi/


    ■隠岐の妖怪その四 琵琶ぼくぼくの巻
     隠岐の島後にある玉若酢命神社の前に、妖怪「琵琶ぼくぼく」がいます。
    琵琶が琵琶法師に変化した姿で、体形は人間のようですが、頭は琵琶で盲目の琵琶法師のように目を閉じて杖をついています。
    この妖怪、江戸時代の書物の中に出てきます。「玄上牧馬と言へる琵琶は古の名器にして、ふしぎたびたびありければ・・・・」とあり、昔、宮中にあった「玄上」と「牧馬」という琵琶の名器があったそうです。
    特に「玄上」という琵琶は、宮中が火事になった時に自分で逃げだしたり、その音色に魅せられた鬼に盗まれたりと怪異づくしの琵琶が、この「琵琶ぼくぼく」のモデルになっているそうです。
    また、どうやら「琵琶ぼくぼく」のブロンズ像を触るとリズム感が良くなる効能があるとか!?
    他にも、この「琵琶ぼくぼく」は“アノーソクレース響岩質粗面斑岩”という珍しい石の上に乗っているのですが・・・・
    この石、叩くと独特の音を響かせるので、この石を触ると、響きのあるいい声になるとか!?
    http://jus-wt.net/waon_oki/gotochi/


    ■隠岐のクッキー[プチ・ガトー]
    <お客様の声>
    隠岐には年配の方が多いという中、女性が喜ぶスイーツはないのかと聞きまわった
    ところ、2回目の訪問で地元の人に教えてもらってフルーツタルトと藻塩サブレを頂きました。
    普段は店内で食べられるそうですが、その日はイートインがお休みで持ち帰り車の中で食べました。
    甘さ控えめで大人にも男性にもおいしく食べられます。
    藻塩サブレはサブレというよりクッキーです。これも甘さ控えめ。
    おみやげに買っていったのにほとんど私が食べてしまうおいしさでした。
    リピート必至です!

    ■アメフラシ
    地方によってはアメフラシをウミウシと呼ぶ地域もある。アメフラシの名前の由来は、海水中で紫色の液をだすとそれが雨雲がたちこめたように広がるからと言われる。また、雨の時に岩場に集まるからという説もある。これは、産卵のために磯に現われる時期が梅雨と重なるためではないかと考えられている。アメフラシの英名Sea hareは「海のウサギ」という意味で頭部の二本の突起をウサギの耳に見立てたもので、中国名も海兎という。ただし、腹足綱 前鰓亜綱 盤足目にウミウサギガイ科という科があり、ウミウサギガイという和名を持つ種類が存在するので、混同しないよう注意が必要である。

    このアメフラシ、同じく磯の生物のナマコに似ているような気がするが、ナマコほどよく知られていない。
    だが、日本の一部では食用にされているという。食用にしているのは、千葉県大原、島根県隠岐。大原では「ゴザラ」、隠岐で「ベコ」と呼ばれているという。
    隠岐での調理法は、磯でとってきたアメフラシの内臓をとってゆでる。ゆで汁のまま一晩ねかせる。そして柔らかくなったものをたわしのようなものでこすって汚れを落とす。これを一口大に切る。あとは、酢みそ和え(砂糖、酢、味噌)で和えるか、油で炒めて、みりん、醤油(しょうゆ)などで味つけして煮付けにするというもの。
    食べた人の感想によると、煮つけは思ったよりも弾力があり、旨味も感じられる。酢みそだと酢の味に身の食感、旨味などが消えてしまう。微かに苦みがあるものの、生臭みなどクセがなく、思ったよりも美味とのこと。詳細は以下に記載してある。
    http://www.geocities.jp/kamosuzu/amefurasi.html
    荒俣宏さんの「大東亜科学綺談」には、海産脊椎動物の研究に熱中されていた昭和天皇がこのアメフラシを甘辛く煮付けて試食されたので、侍従らも追従せざるを得なくなり、砂糖醤油で煮て食べたとのエピソードがあった。

    隠岐の妖怪その四 琵琶ぼくぼくの巻

    隠岐の島メモ

    隠岐そば

    。「隠岐そば」は焼きさばのだしが特徴で、ごま、ねぎ、のりがたくさん入っています。ごまとゆずの風味によりさばの生臭さが消え、そばとさばだしが絶妙に調和しています。そば粉100%の挽きぐるみであるためそばが切れやすいため丼をもってかき込む感じで食べるのがコツです。隠岐そばは昔から広く島民に根付いて隠岐を代表する食であるといえます。隠岐に観光に行かれたら是非試してみてください。


    「隠岐そば」はゆでたてのそばを器に盛り、熱いさばだしをかけるのが通常ですが、あご(とびうお)のだしを用いる処もあります。冷たいそばでは地元産の芽かぶをのせて食べる「芽かぶそば」もお勧めです。

    隠岐のクッキー

    隠岐の島メモ

    サザエカレー

    日本海に浮かぶ隠岐島、島根県海士町の名物「さざえカレー」をご存じだろうか?
    新鮮なさざえが豊富に獲れるこの島ならではのカレーといえよう。
    ちなみに家庭でつくるサザエカレー以外にもレストランでのメニューとしても定番で人気!。やはり「島じゃ常識」なのだ。

    そんな名物カレーがレトルトパックとして売り出されたのは平成11年のこと。21種類のスパイスを加えてじっくり煮込んだカレー!
    このレトルトカレーは、肝をすりつぶしてバターで仕上げているためコクが強い。これが美味しさのポイントのひとつ
    なんて贅沢な。そんな贅沢ができるのも、さざえが豊富にあればこそ!

    口コミ情報

    新しい口コミを書き込む


    離島を見てみる

  • 隠岐
  • タヒチ
  • 佐渡
  • 壱岐
  • 八丈
  • 三宅
  • 伊豆大島
  • 新島
  • 式根島
  • 小笠原
  • 貝島(山口)
  • 対馬
  • 利尻島
  • 種子島
  • 大津島
  • 奄美大島
  • 周大島
  • 久米
  • トカラ
  • 直島
  • 小豆島
  • このページのTOPへ
    Copyright(C)2010 Communication Network All rights reserved.
    Powerd by ジーイーエム株式会社 / GEM ,Inc. technology.
    調剤薬局 独立開業地域物産マルシェ板橋フィットネスクラブ技術者募集ITサービス・システム開発