離島ショッピングメニュー

離島こだわり情報局

離島イベント情報

オススメ情報

  • アイランダー2012

    アイランダー2012

    全国の島々が集まる祭典「アイランダー2012 ~聞いてみよう!島のくらし! 話してみよう!島のじまん」が、今年も11月24日(土)・25日(日)、池袋サンシャインシティで開催!!

  • 島フェス2012、やるよー!

    島フェス2012、やるよー!

    瀬戸内の”美しい”が「ぎゅっと」つまった【海のお祭り】だよーーー!

  • 隠岐温泉GOKA

    隠岐温泉GOKA

    隠岐温泉GOKA」には、温熱作用、水圧作用、浮力作用の物理作用のほか、さまざまな生態反応がもたらせる特異的効果、とりまく五箇の自然環境による転地効果などがあり、それらの効果を総合的に受けられます

  • 日本の島 案内

    • NEW
    コード: RITO00006

    三宅島


    東京都三宅支庁に属し、全島1村の活火山島。長円形で径7~10キロメートル、面積約55.50平方キロメートルで、伊豆諸島では面積第3位。かつての富士火山帯、東日本火山帯に属し、おもに玄武岩の成層火山である。最高峰は中央火口丘の雄山(おやま)(標高は813メートルであったが、2000年の噴火活動で山頂部が消滅し、現在は775メートル)。1085年(応徳2)を皮切りに1983年まで15回の噴火の記録があるが、雄山での山頂噴火のほか、山腹~付近海底での放射状の割れ目噴火が多く、溶岩流も生じやすく、噴火のつど惨害を出した。第二次世界大戦後の1962年(昭和37)噴火は学童の島外疎開で知られ、83年噴火では溶岩流が西海岸の集落阿古(あこ)の約7割を埋没・焼失させた。2000年(平成12)噴火では、山頂にカルデラが生じるとともに多量の有毒火山ガスが放出したため、同年9月から約4年半の全島避難が続いた。

    2000年6月地震活動が活発化、同月27日に海底で小噴火がおこり、強い地震が島外の神津(こうづ)・新島(にいじま)方面で発生し始めた。7月8日には突然山頂部が陥没するとともに水蒸気~マグマ水蒸気爆発がおきた。山頂部の陥没は8月初めまで続き、直径1.6キロメートルの雄山カルデラが出現した。マグマが地下で神津島方向に移動して、地下に空洞ができたために生じた陥没カルデラである。8月18日に最大規模の噴火があり、8月29日低温火砕流発生、9月2日全島避難指示が出され、島民は長期の避難生活を余儀なくされた。05年2月1日避難指示は解除、同年5月より観光客の受入れを再開したが、雄山からは亜硫酸ガスの噴出が続いている。火山活動の観測は東京都、国土地理院、防災科学技術研究所などによって行われている。

    三宅島には事代主命(ことしろぬしのみこと)が渡島し、付近の島々を治めたという伝説があり、12の延喜(えんぎ)式内社があることから宮家(みやけ)島といったのが島名の起源という。また8世紀に多治比真人三宅麿(たじひのまひとみやけまろ)が流されたことによるとの説もある。江戸時代は流刑地。北西海岸の集落伊豆には弥生(やよい)文化最古の須和田式期の遺跡、絵島(えじま)事件の役者生島(いくしま)新五郎や国学者竹内式部(たけのうちしきぶ)の墓などもある。230種もの野鳥がいる。漁業やテングサ採取が盛んで、イセエビ、サザエや、バター、ツバキ油、ツゲ細工、シイタケなども特産であった。爆裂火口湖の大路池などもあり、山紫水明で、富士箱根伊豆国立公園に属す。人口2439(2005)。

    火山ガスについて

    三宅島の火山ガス放出は現在も続いています。そのため三宅村では安全確保対策を実施しています。
    しかしながら、火山ガス(二酸化硫黄)によるリスクを理解しないままでの来島は健康に影響を及ぼす危険性があります。
    三宅島セーフティーガイドや火山ガスと健康影響に関するQ&Aをお読みいただき火山ガスに対する心構えが必要となります。
    また、来島に際しては事前に呼吸器などに関して健康診断を受けられることを推奨いたします。

    三宅島マップ

    【釣り】
    三宅島内での磯釣りにおきましても、風向きによっては火山ガスの影響も考えられますのでガスマスクの常時携行をお願いします。火山ガスが発生した場合には、防災無線にて放送がありますので聞き逃さないようにご注意ください。
    三池港桟橋は「高濃度地区」ですので立ち入りはできません。
    釣り場にゴミ捨て場はありません。空き缶、弁当箱、吸殻などのゴミがかなり目立っています。ゴミは必ず持ち帰るようにお願いいたします。

    【】

    スクーバダイビング

     黒潮の影響を受ける三宅島は、サンゴの群生や熱帯性の魚類や大型の回遊魚、ウミガメ、色とりどりのウミウシなど様々な生物を観察することができます。
    また、三宅島の水中景観は複雑でアーチやドロップオフ、岩場、砂地で構成されていますのでお好みのダイビングスタイルに合わせる事ができます。
    現在島内には15のダイビングショップが営業を行っております。
    三宅島

    海水浴

     三宅島に海水浴場は4ヶ所あります。どの浜も海水浴期間中はライフセイバーによる監視が行われています。また遊泳エリアが決められていますのでエリア外には出ないようお気をつけください。

    噴火前まで利用できた三池浜は現在火山ガスの影響で「高濃度地区」に指定されているため使用不可能です。

    噴火

    三宅島は富士火山帯に含まれる活火山です。2000年の噴火を初めさかのぼると1983年阿古地区、1962年坪田地区と約20年周期で噴火を繰り返しています。繰り返しおこっている噴火の後は島内各所で見ることができる島全体が火山博物館のようでもあります。

    2000年の噴火では雄山山頂にあった八丁平と呼ばれていた旧火口が陥没し新しくカルデラができました。その深さは400mにもなりますが、残念ながら山頂付近は危険地域に指定され立ち入ることができません。
    三宅島

    口コミ情報

    新しい口コミを書き込む


    離島を見てみる

  • 隠岐
  • タヒチ
  • 佐渡
  • 壱岐
  • 八丈
  • 三宅
  • 伊豆大島
  • 新島
  • 式根島
  • 小笠原
  • 貝島(山口)
  • 対馬
  • 利尻島
  • 種子島
  • 大津島
  • 奄美大島
  • 周大島
  • 久米
  • トカラ
  • 直島
  • 小豆島
  • このページのTOPへ
    Copyright(C)2010 Communication Network All rights reserved.
    Powerd by ジーイーエム株式会社 / GEM ,Inc. technology.
    調剤薬局 独立開業地域物産マルシェ板橋フィットネスクラブ技術者募集ITサービス・システム開発